About us

image

ビジョン・ミッション

世界の日常を変える日本酒を。

世界が日常で楽しむお酒の選択肢の中に、日本酒を根付かせたい。わたしたちの作る日本酒が世界中で流れる時間を、より素敵な瞬間になるように変えていきたい。

▼ブランドコンセプト

image

「時間に寄り添う日本酒」 “HINEMOS” close for all the time.

 ブランドの「HINEMOS(ひねもす)」とは、日本語で、「全ての時間」= 「終日」という意味をもちます。  お酒を飲む。ある時は友人と、ある時は恋人と、ある時は仕事仲間と、そのタイミングやシチュエーションは様々。  そしてお酒を飲む時間帯。夕方の少し早めの乾杯、メインディッシュを盛り上げる乾杯、日が移り変わる深夜の乾杯。時間帯によってその時間を素敵な時間に変えるお酒は違うのではないかと考えました。  全てのお酒を楽しむ時間に寄り添う日本酒を作りたい。という想いで「HINEMOS」をブランド名にかかげました。すべての時間帯の銘柄を飲むと、自然とさまざまな種類の日本酒が体験できるように設計をしています。

▼コンセプト誕生のきっかけ

image

 「日本酒をもっとシンプルに」  その想いから、この「HINEMOS」というブランドは立ち上がりました。  はじめて日本酒の世界に足を踏みいれたときの試飲会で、たくさんの銘柄の中から「何を基準にして選べばいいのか分から

ない」という体験をしました。「純米大吟醸」「生酛づくり」「精米歩合」といった少し難しい用語が、日本酒に足を踏み入れるブレーキになっているのでは?という仮説から、日本酒をもっとシンプルにできないか、と発想しました。  試行錯誤を経て、”時間帯でオススメの日本酒を飲む” という世界中の人にシンプルに説明でき通用する、新しいスタイルにたどり着きました。

▼酒質

image
image

image
image

 HINEMOSはコンセプトのみならず、酒質(しゅしつ)も国際的に評価されています。創業したばかりですが、イギリスのロンドンでおこなわれたInternational Wine Challenge, IWCの日本酒部門にて、シルバー、ブロンズを2銘柄が受賞。フランスのパリでおこなわれたKura Masterでは1銘柄がゴールドを受賞しています。

▼過去のメディア掲載実績

▽地方都市・小田原から世界を目指す。日本酒ブランド「HINEMOS」を展開する酒井優太さんの挑戦  https://greenz.jp/2019/09/30/hinemos_sakai/ ▽“時間に寄り添う日本酒”が新たな多様性の扉を開く─ 日本酒ベンチャーの新ブランド「HINEMOS」に込められた思い  https://jp.sake-times.com/knowledge/sakagura/sake_g_hinemos-2019

▽その他雑誌など

・VOGUE,Oggi,FIGARO JAPON,GOETHE,東京カレンダー,Safari,日経トレンディ...など掲載実績多数。

▼コラボレーション

 2020年には、日本最大級のオイスターバーチェーンレストランであるゼネラル・オイスター様(マザーズ上場)とのコラボで産まれた、牡蠣の時間に寄り添う日本酒”CACCCI”シリーズをリリース、日経新聞に掲載されるなど注目を集めています。

image

 神奈川・小田原のライスワイン、カキ料理向け日本酒  https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56075380W0A220C2L82000/

 また、2021年には、テイクアンドギヴ・ニーズグループのブティックホテル「TRUNK(HOTEL)」とコラボレーションし、ウェディングギフトの商品をリリース。創業3年目ながら、大企業とのコラボレーションを次々と実現し、注目を集めています。

image

▼これからの展開

 まずは日本国内にて、HINEMOSを楽しんでいただく機会をふやしていきます。

 日頃から日本酒を嗜む方々、いわゆる「日本酒好き」な方にはもちろん、今まで日本酒に触れる機会が少なかった方にも「日本酒の概念が変わる一杯」を提供し、日本酒が数多くあるアルコールドリンクの中で常に選択肢にあがるような、そんな日本のアルコールシーンを創り出していきます。

 また、HINEMOSは海外展開を目標としているため、早期から取り組みます。現状各日本酒メーカーはアメリカをはじめとする北米や香港・中国などのエリアに日本酒を多く輸出していますが、当社のポジショニングとしては、今後経済発展と共に和食のより一層の浸透が予測されるアジア圏への展開をメインに取り組んでいきます。

 海外展開の第一弾として、2021年春には中国最大級のECモールであるTmallにて商品の販売を開始。また同時期に台湾への大口出荷も決定。海外展開を今後加速させていきます。